忍者ブログ
10月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



◼︎新刊の作業中ですが、マンガを自分なりに描いてみようのターンにしているので
ポスカのイラストより先ず未知の領域読み切りマンガのネームを始めたのですが…。

世界設定やらストーリーやらキャラクター設定を考えているうちに
当初読み切りコメディ32P程度に軽く考えていたのが
主人公とヒロインの成長、そして制度の崩壊などを描いた
大冒険活劇120Pマンガになってしまいまして…。

「あれ…十二支モチーフでポストカードとアホマンガがセットになった
お気楽セットを作ろうとしてただけのはずが、なんでこんなことに…???」
「このままじゃ素人マンガしか出せない
(=お客様にコップ一杯(200ml)の程よい濃度のカルピスじゃなくて
200ml用に用意した分量の原液をとにかく薄めまくった1Lのカルピスをお出しする)
ことになっちまうぞ!?」
と気づいて、お気楽マンガネームを作成することにした(←いまココ

…という状態です。
↑の写真はその没にしたネームの一部残骸。

いやはや…自分のバカさ、容量の悪さにはほとほと愛想が尽きてるんですが…。
でも自分なんで、付き合っていくしかないですねー…自分でいることが疲れる。

原因はわかってるんです。
あれと、あの言葉に惑わされたんです。
次からは同じ過ちを繰り返すことはないでしょう。

というわけで…
当初は十二支キャラ一体一体のポストカード(年賀状に使えるもの)と
それをまとめたイラスト集とコミックとをセットに、とか考えていたのですが
12枚(+1枚)もイラストを描き下ろせるかわからなくなってしまいました。
タッチを希臘神話のときの神経質なものからおおらかなものに変えたとしても
ギリギリっぽいんです。

そして、十中八九コピー本、手刷り(インクジェット?カンプリ?)の
ポストカード(セット?)になります。

まぁ、元々今の流行りとはかけ離れすぎた方向性のもので
ただでさえ売れない私の本の中でも葉虫本以上に売れんだろう、と思っていたので
オフセットでたくさん刷ることはあんまり考えてませんでした。
ホピ本のときみたいな手作り感覚&極少部数で、お気楽に仕上げたろーと思います。

身内の方々には配って「ああ…あんたやっぱアホね」と
笑ってもらえるようにはします!


◼︎twitter始めて、難しいなーと感じてます。
自分の日本語の下手さ、頭の悪さ、性格 の陰険さが滲み出るようで恐ろしいです。
自我肥大型人間には不向きな(ボロが出やすい)ツールと理解しました。
上手く付き合っていけたらいいなーと思っています(笑
PR
PREV  HOME  NEXT
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)