忍者ブログ
11月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日のブログにも心境をつづりましたが
なんだか「創作ごとなんかいますぐ辞めてやる!」って思ったら
他者からどう思われようがどーでもよくなってきたので
自分のために描いたラクガキなどUPしてみる気になれました(笑)。

社会とのつながりを断っている状態や
自分の成長が感じられない状態が続くと
「自分なんてマジで居なくてもいい存在なんじゃないかなー」
などとぼんやり思ったりして
自然消滅=自殺についてなど考えてしまったりした時期(今年の3月くらい?)が
あったんですが。

その頃相方と一緒にジョギングをしてまして。
心拍数140~160くらいの間を維持しながら
はじめは10分くらいからはじめて徐々に15分、20分と増やしていき
最終的に30分走る日を週に2~3日設けてたんです。

はじめのうちは元々運動音痴なのと日頃の運動不足もあいまって
相方に大きく遅れをとりながらもマイペースに走っていたのですが
あるとき相方を大きく追い越すペースで走っても
呼吸がほとんど乱れない状態になったんです。

そのとき私は自分の意志とは裏腹に
身体は勝手に成長しているのだと感じまして
「身体が生きようとしているのに
 私の意志で勝手に生きることを辞めてしまっては
 身体に申し訳ないな」と考えたのです。

ジョギングなので筋力はさほどアップしてませんが
心肺器官は確実に成長していると感じました。
ので、↑の心臓さんの絵を描くにいたったというわけです(説明長い…)。

心臓が私に「生きて!」と言ってるような…そんな気がしたという絵です。
(衣装はマリア様のイメージ。)

先日根幹治療中の歯が激イタで寝ることもできなかったときに
歯が自分の身体でなくまるで別の生き物のようにうずくので
『MADMAX:FURY LOAD』のニュークスが
首の腫瘍にラリーとバリーという名前をつけていたように
私の歯だと思わずに歯の根っこに棲んでいるペットの仕業だと思うことにしたら
なんだか理不尽な痛みに耐えられる思いがしたのですが、

自分の身体を擬人化することで自分を客観視し
受け止められることもあるのではないか
と考えたりした次第です。

いちいちこんなことを考えるくらいまで
精神的に参っているということなのかもしれませんが
私という人間を私が面倒見ていかなくてはいけないので
自分のことを子育てでもする気持ちで(笑)見つめていきたいと思います。

8月に二週間ほど独りでぼんやりする時間を作ることにしました。
海辺の町ということで広島県の尾道に行ってこようと思います。

自分がまさか「自分探しの旅」をするなんて自分でもびっくりです(笑)。
いや、自分はもう自分自身の中にあるはずなんです。
その声に耳を傾ける時間を作るといった方が正しいです。

とにかく、ゆったりして来ようと思います。
PR

大学の講義用にキャラデザリベンジする!
…と言っていたのですが、その後何人かの知人から
「pixivとかtwitterとか、そもそもフォロワーに偏りがある場で評価を募るより
 学生と直に意見のやりとりをしたほうがよっぽどリサーチになるよ」
とアドバイスを受けて「それもそうだなぁ」と自分でも思いなおしまして
以前のにちょっと手を加えて引き続き授業で使うことにしました。

↑のは「もう少し他人にもわかりやすいデザインとはなんぞや…!」と
リファインを試みていたもののラフです。
と〇らぶ系のデザインラインを参考にしつつ
密教(真言宗)のお寺が母体なのでその辺の法衣をアレンジしたデザインなのですが
表情が入ってないので、まだキャラデザというより
衣装デザインにしかなってないです。
お団子ヘアーは「らしさ」演出のために残しました。
袈裟は小野塚五条じゃなく、普通に斜めがけの七条に変更したほうが
アシンメトリー感が出てよさそうです。
本当は袈裟の向かって右側の紐に「環」をつけたいのですが…
「環」は禅系の法衣(曹洞宗の)にしかつかないらしいので…諦めました。

…とまぁいろいろ思うところはあるのですが
上記の理由でフィックスはしないと思うので
ここに載せることで供養にしたいと思います。

以下メッセージへのお返事ですのでたたみました。

■もうじき出来る
 これ終わったらマンガだー!キャラ作りだー!

■恵文社さんに置いてもらっている
 「metamorphosis ver.00」「空想希臘神話画本」が売切になりました
 ありがとうございます
 近々50部ずつ追納しますが、これが恵文社さんでは最後の追納になります
 アリスブックスさんの在庫も極わずかです
 残りは手元の極小部数になりますが、これはイベントで売っていきたいと思います
 再販はないので、よろしくお願いいたします!

■最近中高生の頃聞いていた曲を繰り返し聞いてます

 …「B'z」です

 なんか知り合いにB'z好きな人、聞いたことないです
 みんなもっとこじゃれた音楽聞いているんでしょうね…

 小学校高学年から聞き始めて高校までどっぷりでしたが
 大学入って「なんかもうちょっとマイナー寄りなものを聞くのがカッコいいっぽい…」
 とかいらぬ知恵をつけて小島麻由美とかブランキーとかTMGEとか
 あんまり意味もわからず背伸びして聞いていて
 (ブランキーもTMGEも解散しちゃったなー…)
 B'zからは離れていました

 が、ふと久々に聞いたら「面白い!なんだこれ!?」となったのです

 学生の頃は気づかなかったのですが、とにかく歌詞が面白すぎです
 こひしかるべき わがなみだかな とか和歌のフレーズ入れちゃったりね
 あと「太陽のKomachi Engel」とか
 「なにそのネーミングセンス!ダサーッ!」とか思ってたんですが
 いまでは「なんだか底抜けに明るくて、かわいいなー」と思ってしまってます
 病みつきになるセンスです

 それに「頑張ってるのに報われない…けどあきらめん!」とか
 「あの人が好きだけど俺だけ全然相手にされない…さみしー」的な
 不遇だったり逆境にまけない的な歌詞が多いです
 リア充な曲、幸せな曲、あんまりないです
 そこも共感ポイント高いです(笑
 稲葉さんはあんな男前なのに、頭の中はけっこうユニークな方なんだなーと…
 ギャップ、イイ!

 そこに松本さんのキャッチーなメロディーがつくから
 実はけっこう独特な歌詞なのにあんなにポップになるんだなーと


 キャラデザするときのバランス感覚と似ていると思いました
 王道を狙っても、フックがきいてないとスルーされるし
 フックのさじ加減を間違えると一気にマイナーなものにしかならない、という…

 私はどうもデザインを考えていくうちに王道から外れて
 マイナーに寄りすぎるきらいがあります…気をつけたい


 ユニークなものを好きになるような思春期を送ってきてしまったんですよねー…
 SNKキャラよりはカプコンキャラ
 少女マンガよりは少年マンガ(DB、ジョジョetc…)
 いまだにそのユニーク癖はなおりません

 なおせる気もしないので、うまく付き合いながら楽しい作品を作っていきたいです

天狗。
マンガをかいていくに当たって、一発描きに近い技法を身につけねばやってけない
ということで練習した絵ですので、とくに意味はありません。
マンガに際してとか関係なく、もっと早くこの意識を持っとけばよかったです。

1月から三題噺でマンガのネームをかく、という取り組みをしています。
こだわらずにマンガをかくこと、
最後はちゃんとオチをつけてかくこと、の練習です。
一本あたり、4~6Pのショートショートな内容のマンガを3本計20Pかきました。
2月は2~4本で40Pくらいかけたら万々歳です。

かきたいときにかきたいものをかく、では
かきたいものが出てくるまで何もしない、ってことにもなりかねんので
熱しにくい自分にはこれくらいの荒療治がないと
上達もしないし、やる気も続かない、と思ってのことです。

いかに、自分がマンガのテンポを技法として知らないのか
なにが出来ていないのか、というものが
日々浮き彫りになって、その課題を埋めて行くのが
ささやかな嬉しみになっています。

なにかご披露出来そうなものが出来たら
まとめて本にしたり、kindle的なもので安~くデータ販売できたらいいな
とか思うんですけど…まだ先です。
今、人様を気にして制作できるだけの余裕はございません。
今は相方だけが読者です。
「けっこうおもしろいよ」と優しいことをいってくれるのでがんばれます(笑


以下、人と会った折に考えたことの徒然ですので【つづき】にたたんでいます。
平たく言うと「創作って自分を表現するってことに限定されるの?」
ということについて、私の考えを書いてます。

あけましておめでとうございます

いささかネタに走った年賀状にしてしまいました…(笑
東 誉之さんとの合作です(夢神ヘルメスがわたくし

今年はもっとフットワークを軽くしつつ
去年頑張ったマンガの勉強の成果を形にして披露していこうと思っています

具体的なチャレンジと行動をしていきます
成果が出たら、またお知らせさせて頂こうと思います

本年もよろしく願いいたします
PREV  HOME
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)