忍者ブログ
08月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の更新は「こういう意見を言う絵描きさんとはあんまり合わない…」
という個人的な話で、
文字だけの更新ですし、人によっては読みたかないや、だと思うので
左下の[続き]にたたみました。





今が一番しんどい時期。

やりたいから、好きだからどうこうといった気持ちより、
自分がやらなきゃいけない、やっていかなきゃいけないと気づいたことをするために
ひたすら今までにはやってこなかった勉強とか練習をしなくてはならなくて
しかもはなから上手くいくはずもなく、なかなか成果をあげられない時期。

入社したての新人で、今まで使ったことないツールや
やったことのないタッチのものを作るのに 悪戦苦闘してたあの苦しさを、
30過ぎて再び味わうことになろうとは。
幸せだろうけど、幸せなんて言ってられないくらいしんどい。

こんなときに、好きだからやってるとか、楽しいからやってる、
と素直に言う人の言葉を聞くと、羨ましいなーと思う。
それが誰かの心を動かしていて、評価に繋がって、食べて行けている人は
幸せな人だな、と本当に心底羨ましい。

だけど、そういう人が、
好きというわけじゃないけど、とりあえず自分が出来ることといったら
それしかないから我慢してでもやっていかねばならなくて、
それで人から評価を受けて、食って行かなきゃいけないと思ってる人のことを
やれ好きじゃないという気持ちでやっているからしりすぼみになるだろう、とか
批判するのは、聞いていて本当に腹が立つ。

余計なお世話だし、何より我慢してでも生きねばならない人が聞いたら
どういう気持ちになるだろう…とか、思わないのだろうか。
無神経だな…と思う。

そういう人は

①自分が順風満帆だから、調子に乗っている

②好きでもないのに出来ちゃってそれで評価をされている人に嫉妬している

③その言葉を聞いた人が、どういう気持ちになるのかなどの想像力が
欠如している(なにも考えてない)

のどれかなのかなー…と思うけど。

私は、例えば鳥山明先生みたいに
特にマンガを描くのが好きでたまらなくてマンガ家になったというわけじゃないけど
人並み以上に出来ることといったら絵を描くということしかなくて
それで食べていくにはマンガという方法ぐらいしか思いつかなくて
作品を重ねて勉強して上達していった結果
私の(人の)心に響く良い作品を残してくれた、という方の話を聞いたときにこそ
勇気が出るし、地に足のついた力をつけよう、と前向きに思える。

好きだという気持ちで、好きなことだけやって食べていけてる人は
自分が幸せ~でいいじゃん。
それで、そういう人同士で楽しく付き合いがあれば、それでいいじゃん。

なにも、そういうわけじゃないけど頑張っている不特定多数の人を捕まえて
好きじゃないからどうせいつかできなくなるとか、
どうせ上手くならないよ、とか、批判することないじゃん。
好きかどうかわからなくても、やらねばならない必要にかられて
勉強して努力して上達して
良いものを作る人はいくらでもいるのに。

私は今ロジックにしんどい時期だけど
いつかいいものに結実させたいと思っているので、そう思ってしまいました。

Twitterを始めて、絵が好きでフォローをした人だったり
リツイートなんかで、そういう意見を推奨する人のツイートが流れてくると
ときどきそんななんともやるせない気持ちになるのです。
単に私がナーバスになってて、被害妄想に駆られているだけで
言ってる側も何にも考えないで言ってるんだろうなーとは思うんですけど。

悩める学生に教えるという経験をちょっとした、ということも関係してるのかも。
学生に絵を描くことを好きになれ、とか、楽しめ
なんて漠然と言ったり強要しても、なんの助けにもなりませんもん。
じゃあ具体的にどうすれば、その人が楽しめるようになるのかを教えないと。

つい感情の部分が溢れてしまいました…(^^;

さて、雑念に耳を傾けたり、文句言うのはこれでやめにして
引き続き粛々と頑張ります。
PR
PREV  HOME  NEXT
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)